買ってはいけない土地の調べ方

購入しようとしている土地が、例え人気の分譲地であっても、
地震で、液状化してしまったり、土砂災害の可能性の高い場所だと事前にわかっていれば、
購入しませんよね?
「そんなの事前にわかれば、苦労しない。」とおっしゃるかもしれませんが、
確認できる方法があります。
自治体(仙台市の場合)で、各種ハザードマップを用意していますので、
該当する土地が、各種危険区域に該当していないかを調べればよいのです。
100%ではありませんが、
その土地が、どういうリスク傾向があるのかが把握できると思います。

ここでは、仙台市の土地の場合の調査方法を取り上げますが、
お住まいの自治体に置き換えて調べてみてください。

砂防法→豪雨による土砂災害防止、土石流対策の法律/

     宮城県ホームページ>MIDSKI>土砂災害警戒区域等確認マップ>
    >砂防等各種指定地 >砂防指定地 で範囲を調べる

地すべり等防止法→地すべりによる被害除去、軽減を目的とした法律/

    宮城県ホームページ>MIDSKI>土砂災害警戒区域等確認マップ>
    >土砂災害警戒区域等情報>砂防等各種指定地>地すべり防止区域

水防法→洪水、高潮の防御、被害軽減を目的とした法律/

    せんだくらしのマップ>防災>洪水ハザードマップ
    >探したい場所を地図上でクリック>洪水ハザードマップ>
    >〇〇川浸水想定区域

急傾斜地法→がけくずれ対策のための法律/

    せんだいくらしのマップ>防災>土砂災害危険地マップ>
    >急傾斜地崩壊危険箇所・急傾斜地崩壊危険区域

    仙台市都市計画情報インターネット提供サービス>
    >土砂三法(急傾・地滑・砂防)>急傾斜地崩壊危険区域

廃棄物処理法→地下に廃棄物のある土地/

    仙台市ホームページ>ごみ>ごみの出し方・減量>
    >廃棄物が地下にある土地の区域指定>指定区域の一覧

    宮城県ホームページ>組織で探す>循環型社会推進課>
    >廃棄物が地下にある土地(最終処分場跡地)の指定について>指定区域一覧

宅地造成等規制法→宅地造成に伴い災害が生ずるおそれが大きい土地の区域/

    仙台市都市計画情報インターネット提供サービス>
    >宅地造成工事規制区域が表示される

土壌汚染対策法→特定汚染物質(鉛・ヒ素・トリクロロエチレン)による土壌汚染対策/

    仙台市ホームページ>くらしの情報>住みよい街に>まち美化、環境保全>
    >公害防止>土壌汚染対策>土壌汚染対策法に基づく要措置区域等>
    >要措置区域一覧・形質変更時要届出区域一覧

仙台市地震ハザードマップで検索→「揺れやすさマップ」
                「地域の危険度マップ」
                「液状化予想マップ」

仙台市宅地造成履歴等情報マップで検索→「切土・盛土」
                   「造成年代図」
                   「土砂災害危険箇所図」
                   「旧地形図」

せんだいくらしのマップで検索→「津波ハザードマップ」
               「洪水ハザードマップ」
               「土砂災害危険地マップ」
               「浸水履歴マップ」

J-SHIS MAP 地震ハザードステーション→地震ハザードの共通情報/

    1.地震ハザードステーションで検索>スタート J-SHIS>
    >画面左上の震源断層ボックス 主要活断層☑ その他の活断層☑ 
    にチェックを入れる>主要活断層は赤 その他の活断層は黒線 で表示>
    >活断層は震源として 長方形で表示>タブを 「確率論的地震動予測地図」
    から「想定地震地図」に変更>特定の活断層をマウスでクリック>
    >指定した活断層が大地震を起こすときの想定震度分布図が表示
    >背景が見にくい場合 ページ左側の 透過率を上げる

    2.地震増幅率を調べる>タブを 「表層地盤」に切り替える>
    >揺れやすさが表示>暖色系の地域は揺れやすい

参考文献:遠田 晋次著 「活断層地震はどこまで予測できるか 
※各種検索方法は、2018年6月現在 のものです。